« 顔貸して~♪ | トップページ | 家族が風邪をひく »

秋のお散歩

今日は、絶好のお散歩日和でした。

黄昏中の梅太郎を見て、

お散歩に行きたいんだろうなと思い、

車に乗って散歩に連れて行くことにしました。

「梅太郎 お散歩いこっか?」

Cimg1295  「ほんと??」

 

 

 

 

 

 

期待に満ち満ちた瞳で こちらを見つめます。

 

 

ハーネスを付けて、綱をつけます。

 

Cimg1297 Cimg1298              Cimg1300_2              

 

 

 

 

綱で遊んでたら、お散歩行けないでしょう!!

 

Cimg1299  「だめなの?」

 

 

 

 

 

 

 だめだよ~。

と、いう事で、うーパパが綱を持ち上げます。

 

 Cimg1302_2

 「わーい♪ 遊んでくれるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちがう ちがう!!

お散歩いくんだってばー。

 

 

やっとの思いで、車に乗車すると、今度は外の景色に夢中です。

Cimg1305 「うわー♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったく、うーちゃんは自由だなー・・・。

うーママは潰されっぱなしでした。

 

 

ところで、肝心のお散歩途中。

 

秋の景色と梅太郎は

とっても絵になって、わが犬ながら惚れ惚れしました。

Cimg1306 「くん くん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前見て どうどうと歩いてりゃ・・・絵になってたけど、

撮れた写真はこんなもんです。

犬丸出し

犬なんだから 仕方ないけど。

Cimg1307 「うーママ♪」

 

 

 

 

 

 

 

これは、ちょっと素敵な写真だったけど、

愛犬 梅太郎の顔が暗くなってしまいました(←親ばか)

本当の目的地だった公園は、

異常に混雑していて、駐車場に入れず断念。

近いので、今度は朝早めを狙って行ってみようと思います。

素敵な公園でのお散歩が出来なかったので、

代わりに、本当に近所の小さな公園に行って見ました。

あまりに小さくて、誰も居ませんでした。

 

 

Cimg1311 「いいもの見つけた♪」

 言ったのは、梅太郎ではなくて、

 うーパパ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Cimg1308

 「意外と楽しいよ」

これもうーパパ。

 

 

 

 

 

 

Cimg1310 「うーパパ もういいよ。行こうよ」

と、梅太郎に促される うーパパ。

「えー もう行くの?」

 

 

 

 

 

 

うーパパはもっと乗っていたかったようですが、

オトナな梅太郎に促されて、

しぶしぶ立ち上がっていました。

立場 逆じゃない?

|

« 顔貸して~♪ | トップページ | 家族が風邪をひく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。