« うーパパに伝授 | トップページ | 外耳炎とその後 »

プロレスごっこ

雨の日は、梅太郎くんのお散歩がお休みです。

そんな日、室内で梅太郎の運動をさせるのは

至難の業です。

 

Cimg2760 ソファにゴロンとしていると、

梅太郎くんが、甘えたいような

何か物足りないような・・・で

やってきます。

膝で仰向けになったかと思うと

更に反り返ります。

 

 

Cimg2761 全体重をかけてくるので

支えるのも一苦労。

羽交い絞めにしてみたりします。

 

 

 

 

 

Cimg2766 うーママ、やられっぱなしとは

行かないので、

起き上がって反撃に入ります。

 

 

 

 

 

Cimg2768 プロレスごっこ。

よもや、この年にして

そんな遊びをする事になるとは・・・。

一度「電気あんま」もかけてあげたいな。

 

 

 

 

Cimg2769 プロレスは、

相手を下敷きにして

スリーカウントすると勝ちです。

うーママ、カウントをスタートしました。

梅太郎くん、なんとか抜けようと必死です。

 

 

 

Cimg2772 プロレスは、肩が地面についていないと

カウントになりません。

と言う事で、

梅太郎くんは、かろうじてセーフ。

つまり、まだまだプロレスごっこが続くのでした。

 

 

 

こんな体当たりゲームのお陰で、梅太郎くんは訓練していないのに

抱っこ(仰向けになって人の膝にいる)が、大丈夫です。

こういう激しい遊びのお陰で、尻尾を引っ張られても、びくともしません。

ただ、人間の方は満身創痍です。。。。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ←人間側に同情したら、ワンクリックお願いします♪

|

« うーパパに伝授 | トップページ | 外耳炎とその後 »

コメント

はじめましてbudラテと申しますsun
突然ですが電気あんまってなんですか??

投稿: ラテ | 2008年3月18日 (火) 00時43分

はじめましてbudラテと申しますsun
突然ですが、電気あんまってなんですが??

投稿: ラテ | 2008年3月18日 (火) 00時46分

梅太郎君とうーママさんのプロレスごっこ、楽しそうです。私も早速レオとやるか・・・ってことは絶対にない!ありえない!あの力自慢のレオとそんなことになったら、私の体は傷だらけになってしまいますよ。考えただけでも、全身鳥肌が・・・。家にはありえない遊びです。興奮し過ぎない程度にネッ!

投稿: エッポ | 2008年3月19日 (水) 13時19分

梅太郎くんとうーママさん、どう見ても親子でじゃれあいこしてるようにしか見えない~(笑)happy01

うちもエッポさん宅同様「無理」です(笑)
押さえ込みにかかると、多分反対に押さえ込まれるでしょう・・・coldsweats01

「電気あんま」・・・(滝汗)
小さい頃、弟によくやってましたcoldsweats01

投稿: めんたい | 2008年3月19日 (水) 16時30分

うーママ、若ーいheart羽交い絞めにしたり。体力は何処で付けているのかしら?うーちゃんが寝てから筋トレをしているのかしら?そんな時間は無い、日々うーちゃんとの生活のおかげね。coldsweats01カウント出来ず残念sign01之はうーパパとの試合に持ち越した方が良さそうね。「電気あんま」もかけてあげてみたらいいかもね。sign03
     \(^o^)/

投稿: モンちゃん | 2008年3月19日 (水) 21時58分

>ラテさん はじめまして。
うーん・・・電気あんまはプロレスの技の一つで危険な技ですcoldsweats01どんな技かは、ネットなどで調べてみてくださいね。

>エッポさん
確かにレオ君とプロレスごっこはかなり危険ですねcoldsweats01傷とあざと関節痛で翌日動けなくなりそうですbearing
興奮しすぎないように、確かにそうですね。程ほどでやめるようにしていますhappy01

>めんたいさん
弟さんに昔かけていたんですね~、電気あんま!・・・・私もですcoldsweats01
梅太郎は犬なんですが、時々人間みたいに見えることがあって、擬人化は危険危険、と自分に注意を払っていますが、でも親子といわれるととっても嬉しくなってしまいますlovely

>モンちゃん
うーパパとの試合は凄いです。梅太郎はもっともっと興奮して、もっともっと嬉しそうですhappy01でも、二人とも動きが早すぎて、写真を撮ってもちゃんと写らないんですbearing残念~

投稿: うーママ | 2008年3月20日 (木) 09時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« うーパパに伝授 | トップページ | 外耳炎とその後 »